tamebloによるタメになるブログ

tameblo!

タイ 海外旅行

バンコクから日帰りで行く「戦場へかける橋 」。カンチャナブリまで約2時間で行くことができます。

2018年2月6日

こんにちわ、tamebloです。

カンチャナブリーに行ってきました

と知り合いに行っても「?」のような反応が返ってくるでしょうが、

「戦場へかける橋」に行ってきました

というと「あれ?なんだったっけ?聞いたことがある!」というような反応を見ることができるでしょう。

でもなんとなくですが、日本ではあまり知名度がないような気がします。

歴史の授業では詳しく掘り下げられてなく重要視されてない印象がありますが、タイはおろか世界中では意外に有名で知られたスポットの1つです。

スポンサーリンク

カンチャナブリー

カンチャナブリーはタイの首都・バンコクから約110km離れたところに位置しています。

ミャンマーとの国境からは間際とは呼べませんが近く、戦場へかける橋から先は熱帯雨林が広がっているためにカンチャナブリーは実質的に「ミャンマーとの国境の町」として捉えられています。

年中ムシムシしていて、私が訪れた8月は暑い乾季から雨季に切り替わる途中でしたが少し歩いただけでシャツがビショビショになり、シャワーを浴びたくてしょうがなかったという記憶があります。

戦場へかける橋

戦場へ架ける橋を歩いてみた。

「戦場へかける橋」という文字だけですと、「負のイメージ」はそれほど強く感じませんがこの橋はまさしく旧日本軍が戦時中にビルマ(現:ミャンマー)を侵略するために作られた軍事目的の橋です。

侵略目的の橋の建設だけでは世界各国で行われてきた事でそれだけでは映画化されるようなことはあまりないですが、

建設を行うにあたり旧日本軍が行ったことが見晴らしが良いロケーション以外で「戦場へかける橋」を有名にしてしまった側面はあります。

というのも各国軍捕虜を橋の建設に強制的に参加させています。

敵国だったアメリカや侵略された国のタイや東南アジア諸国はもちろんのこと、英国やオランダ・オーストラリアなどの捕虜が集められ劣悪な環境で強制労働をさせられています。

訪れてみるとわかりますが、この熱帯ジャングル特有のムシムシとした暑さの中で建設を行ったのかと思うといやな汗が流れます。

戦場へかける橋以外にも見所はあります

戦場へかける橋付近にはやはり映画化されアカデミー賞も受賞している作品ということもあり、観光地化というか博物館などの施設は充実しています。

これら以外にもまだいくつかあります。とりあえず私が行った場所を挙げました(;^_^A

半日どころか数時間で巡ることができます。

タイガーテンプル

また少し離れた場所に絶滅危惧種であるインドシナトラの保護寺院として有名だったタイガーテンプル(トラ寺院)があります。

トラの虐待やブラックマーケットなどとの取引が明るみ(しかも内部告発)になり一旦閉鎖されましたが。こういったニュースは意外とタイでは多いです、はい。

しかしながら2017年の3月から旧タイガーテンプルに隣接にした形で今度は動物園として再開しています。

トラ寺院の動物虐待について

サイヨーク国立公園

「タイで一番美しい滝」と称されるエラワン滝やクウェー川をゾウに乗って遡上したりジャングルを散策するアクティビティなど、いかにも「白人旅行者」が好みそうなツアーもあります(偏見ですみません 汗)。

とにかく自然がこの辺りは豊かなので気軽に熱帯ジャングルを体感することができます。

※下記の投稿にも書いてありますが、この辺りは雨季と乾季ではかなり景観が変わります。もし滝を見に行ったり泳ぎに行く場合は事前にしっかり調べられるか、

念のために旅行代理店に確認されると良いかと思います。

➡ サイヨーク国立公園付近のホテルについて

バンコクからの行き方

カンチャナブリーにある戦場へ架ける橋です。

ここではバンコクから戦場へ架ける橋のあるカンチャナブリーまでの主な行き方についてです。

私はロットゥーに乗りカンチャナブリーまで行きましたが、鉄道でも行けます。

鉄道

と「鉄道でも行けます」と書きながら、ロットゥーでカンチャナブリーに行ったという実は数少ない旅行者のため、

実は鉄道での行き方は・・・・すみません知りませんでした。

そのためタイ国政府観光庁のサイトより引用させてもらいます。

バンコク市内トンブリー地区のバンコク・ノイ駅発、カンチャナブリー経由ナムトック行きが1日2本[カンチャナブリーまで所要約2時間40分/ナムトックまで所要約4時間半]

土日祝日には、フアランポーン駅6:30発の特別列車が運行。

とあります。

タイ国政府観光庁のHPはこちら ➡ タイ国政府観光庁

   data-full-width-responsive="false"

ロットゥー

タイへ旅行された人の多くは知っていると思いますが、「少し遠い所」に行くのに便利な乗り合いバスのロットゥー。ロットゥーってどんな乗り物か知りたい人はこちらで確認できます ➡ ロットゥー画像

戦場へ架ける橋の上から見るクウェー・ヤイ川です。

橋の上から見たクウェー川です。

南バスターミナルからカンチャナブリ行きのロットゥーに乗ることができます。所要時間は2時間ほど。

ちなみにロットゥーは乗り合いミニバス」なので人が乗客が集まらないと出発しません

私は気合を入れて朝6時にカンチャナブリー行きのロットゥーを捕まえ乗り込み1時間くらい出発を車内で待ちました。

日によってはあんまり早い時間だと待ち時間が長いかもしれませんのでご注意ください。

なお、南バスターミナルへの行き方はこちらのタイ政府観光庁のページで確認できます ➡ バンコク・南バスターミナル

ツアー

もちろんツアーでもカンチャナブリーに行くことができます。

バンコクから日本の旅行代理店の多くは半日ツアーを企画してます。

アユタヤと同じようにカンチャナブリーも見所が点在していて、歩いて回るのはほぼ不可能なのでツアーで要所要所を抑えて見て回るのも「時短」になり良いです。

例えば半日ツアーで見て回ればバイタクとトラブルになることもないですしね。

ツアーの内容はこちらで確認できます。

ツアーでカンチャナブリーに行く

関連

タイについての記事は他にもあります(#^^#)

➡ アユタヤも面白い所!

   data-full-width-responsive="false"

お役に立つ内容です。

1

こんにちわ、tameblo です。 常夏のハワイ!冬でも暖かいっ!よく知られたことですね。 しかし冬に訪れても   しっかり日焼けをしてしまいます。   なぜならハワイはたとえ冬で ...

2

こんにちわ、tamebloです。 写真を整理していたら世界遺産・アユタヤで撮ったものが出てきたので、すこしアユタヤの歩き方もまとめようと思います。 タイの首都のバンコクからアユタヤまでは電車でも乗り合 ...

3

こんにちわ、tamebloです。 カンチャナブリーに行ってきました と知り合いに行っても「?」のような反応が返ってくるでしょうが、 「戦場へかける橋」に行ってきました というと「あれ?なんだったっけ? ...

4

こんにちわ、tamebloです。 インドの人気都市(デリー、アグラ、ジャイプール)の3つの地点を線で結んで1つのエリアと呼ぶ「ゴールデントライアングル」についてです。 デリー、アグラ、ジャイプール、と ...

-タイ, 海外旅行
-

Copyright© tameblo! , 2019 All Rights Reserved.