tamebloによるタメになるブログ

tameblo!

持ち物 海外旅行

マラリアがある地域(インドや東南アジア、アフリカなど)を旅行する時の対策方法。治療薬よりもハマダラカには蚊取り線香が一番効きます。

2017年5月6日

こんにちわ、tamebloです。

これからマラリアが発生する、もしくは発生の可能性がある地域や国に行く予定のあなたに向けて、マラリア予防に一番効果があったモノのお話しを書いていこうと思います。

期間としてはそれほど長くないですが、地域的にマラリアの心配をしながら滞在をしていたことがあります。その時の経験が何か役に立てば、と思います。

マラリアって?

 

まずはマラリアについてですが、

簡単に言うと

風邪

です。

そのためワクチンがありません。

 

またマラリアは感染する経路が「人→人」ではなく「蚊→人」で、発生地域が赤道付近を中心に熱帯・亜熱帯地域、という特徴があります。

厚生労働省のホームページにある画像ですが、日本人がよく旅行で誰でも知っている訪れ馴染み深い地域や国がたくさん含まれていますね。

インドやタイ、カンボジア、フィリピン、インドネシアなど、これらの国は日本から観光旅行としても海外出張としても、はたまた現地駐在員として渡航する人が多い国です。

 

マラリアというとマダガスカルやケニアなどのアフリカ地域に行く人はかなり注意されると思いますが、実は観光地として知らない人はいないバリ島やセブ島、プーケット、ボルネオ島などの有名なリゾート地もマラリア発生エリアです。

またインドやインドネシアは新興国として日本企業も数千という数で現地に進出しています。お子さんを連れて家族で滞在される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

「最後のフロンティア」と呼ばれるインドとバングラデシュに挟まれ、相次いで日本企業のみならず世界中から人が押し寄せてるミャンマーにももちろんマラリアは存在しています。

 

マラリアに感染して亡くなる、年間死者数は60万人以上いるという、

実はエボラ出血熱などよりも恐い感染症です。

老若男女問わず、マラリア蚊(マラリアを持っている蚊)に刺されると高確率で感染します。

 

スポンサーリンク

予防について

一応マラリアに対しては予防薬があります。

マラリア発生地域に訪れる2週間前辺りから服用することでマラリアになりにくくする体質に変える予防薬として、国内ではメフロキンが勧められ海外ではドキシサイクリンというモノがあります。

予防の効果がどれくらいあるかわかりませんが、わかっているのはどちらも副作用があります。

 

私は欧州の病院でメフロキンよりも予防効果の高いと言われている日本では認可されていないドキシサイクリンを処方してもらい服用してましたが、時折やってくる強烈なめまいや吐き気、気分が優れない、など

体がドキシサイクリンに慣れるまでの間の副作用はものすごく酷かったです。

 

この副作用は約1週間続き、その間ずっと副作用に、特にめまいと気分がどこか優れなかったです。

刺されないこと

マラリアにならないためには世界中の多くの人が、

 

「まずは蚊に刺されないこと」

 

と公言しています。

 

理由は簡単です。

多くの人がマラリアを発症した場所に適切な医療施設がない場合が多かったから

なのです。

 

例えば町医者がいないアフリカの田舎であったり大きな病院のない島であったり、と対処療法が十分に行えないエリアで発生するので必然的に致死率が上がる、と言われています。

 

実際に私もマラリアが存在している地域に渡航する前に欧州の病院でこのように言われました。

この理由も含めて、マラリアには完璧な予防薬がないため「まずは刺されないこと」が最重要と言われています。

刺されない工夫

刺されない工夫として一番有効な手段として、日本でも昔から使用されている下の画像のような蚊帳があります。

Yoosion ワンタッチ蚊帳 底生地付き 大判 ダブル 両側ドア設計 テント式 ベビー 大人 兼用 ムカデ 虫 蚊 対策 モスキートネット 折り畳み 日本語説明書 幅180cm 長さ200cm 

ブラック・アフリカ諸国やサハラ砂漠のツアーなどで泊まるどれだけ低いレベルの宿にもほとんど常備されています。

実際に私の経験ですが、サハラ砂漠の中にあるオアシスの宿やホテルでさえも蚊帳がありました

 

テント持参でキャンプ場やテント泊用の敷地があるバックパッカーズなどでは蚊帳を貸出してくれるところもありますが、

まれに貸し出しを行っていない施設もありまた使い古され穴が空いている場合があるので、テントなど自活できる道具を持参で長期間での旅行を考えている人は蚊帳も一緒に持参したほうが良いでしょう。

amazonで蚊帳を見る! → 蚊帳を見る場合はこちらから

楽天で蚊帳を見る! → 蚊帳を見る場合はこちらから

蚊取り線香

「海外旅行に行くのに蚊帳ってけっこうな荷物にならないかな」

と思われる人には、これが蚊避けにはこちらを。

金鳥の渦巻 蚊取り線香 ミニサイズ 30巻 (線香立て1個入り)

古典的かもしれませんが、「蚊取り線香」です。

 

マラリアがまれに発生するヨルダンで日本の蚊取り線香の威力を実感したことがあります。

蚊帳も蚊取り線香も何もない安宿に泊まった時に深夜に頻繁に耳元に蚊がやってくるので、その時に何のためか1巻だけ蚊取り線香を日本から持って来ていて、

少しだけ折り火を付けて横になったのですが、蚊取り線香の煙が消えるとまた蚊が耳元にやってくる、ということが夜が明けるまで数回ありました。

 

ちなみにこの時に寝ているときに蚊は耳元にやってくるということが全世界共通と確信しましたw

 

ただし一番蚊避けにはいいなと思った蚊取り線香ですが、これだけは気を付けて!

必ず日本製を使ってください!

どこのも同じだろうと思われるかもしれませんが、日本製以外の蚊取り線香の効果はどうもいまいちです。

 

日本製の蚊取り線香を使い切りヨルダンで買った蚊取り線香を装備しその後旅行を続けましたが、ケムリが出ても蚊は寄ってきましたので・・・・

インドでもイタリアでも現地で買い使用しましたが・・・・期待以下でした。

 

3か国で蚊取り線香を買い効力を比べましたが、ダントツに日本製が蚊の寄り方が少なかった印象があります

蚊取り線香は「蚊」すべてに効力があるのでマラリアだけではなく、デング熱などを媒介している蚊に対しての予防も期待できるので持っていっても良いかなっと思います。

繰り返しますがこれからマラリアが発生している地域に行く方へ。

「蚊に刺されないことがマラリアに侵されない有効な予防手段」

なので、マラリア地域に渡航する際はケムリが出ている間は蚊が他国のモノと比べて寄り付つきづらい日本製の蚊取り線香を持参しましょう!

相談しよう

っと、ここまで「マラリア」や「蚊に刺されない」ことを書いてきましたが、

 

知りたい

  • タイでもマラリアって発生してるの?
  • 現地の最新の情報が知りたい!

 

などマラリア以外にも旅行のノウハウを現地を知るプロにアドバイスを求めても良いと思います。

 

なにぶん私はマラリア地域は訪れ滞在し対処方法など経験してますが、旅行業を生業としていないのでプロの方とは視点が違うと思います。

またマラリアが発生する地域は概して治安が良くないので現地の最新の情報も併せてアドバイスをもらっても良いでしょう。

海外旅行のプロからアドバイス・相談はこちら

相談は無料なので色々質問してしまいましょう!

 

それではっ!

お役に立つ内容です。

1

こんにちわ、tameblo です。 常夏のハワイ!冬でも暖かいっ!よく知られたことですね。 しかし冬に訪れても   しっかり日焼けをしてしまいます。   なぜならハワイはたとえ冬で ...

2

こんにちわ、tamebloです。 写真を整理していたら世界遺産・アユタヤで撮ったものが出てきたので、すこしアユタヤの歩き方もまとめようと思います。 タイの首都のバンコクからアユタヤまでは電車でも乗り合 ...

3

こんにちわ、tamebloです。 カンチャナブリーに行ってきました と知り合いに行っても「?」のような反応が返ってくるでしょうが、 「戦場へかける橋」に行ってきました というと「あれ?なんだったっけ? ...

4

こんにちわ、tamebloです。 インドの人気都市(デリー、アグラ、ジャイプール)の3つの地点を線で結んで1つのエリアと呼ぶ「ゴールデントライアングル」についてです。 デリー、アグラ、ジャイプール、と ...

-持ち物, 海外旅行
-

Copyright© tameblo! , 2019 All Rights Reserved.